仮想通貨

【BTC相場分析】2022年1月26日:最後のショートタイムがそろそろ来ると予想

 

昨日はほぼ無風でしたね。

私もノーポジとか言っておいて、少しエントリしてみたりしましたが、結局手数料引くと微々益という美味しくない結果に・・・。

 

■昨日の結果(2022年1月24日)

+$21.259

■累計(2022年1月22日~)

-$366.5383

 

とりあえず相場チェック。

 

■相場観レポート

 

最小額でショートエントリします。

 

自信があまりないので最小額です・・・。

 

いくつか五月雨で根拠をあげると、

まず、日足で見ると、もちろん物凄い下落トレンド。

なので大前提ショートで入りたいのが1つ。

 

そして今日の確定足を想定して、高値と安値の直近をそれぞれラインで結ぶと、これまで以上に急こう配になっています。

むしろ下落スピードが加速したとみました。

加えて、本日の確定足はおそらく十字線で、かなり買と売が拮抗している状態が見て取れます。

先日同じような状況があったとき(下落相場での連続陽線からの十字線出現)、余裕のないロング勢が負けて更なる下落が発生したので、同じ状況を見込んでます。

 

一方でMACDは売られ過ぎ水準にあり、そろそろ底を打ってもいいくらいに下げています。

これを踏まえると、本日は売られる可能性が高いが、そろそろ底打ちの可能性があるので最小ロットでエントリになります。

また、上昇トレンドに復帰するにしても、一度バンドの-2αラインに到達させてから、一気に上昇していくのが、去年7月の上昇トレンド転換時にも発生している状況です。

こんなトレンド転換の方法があることを、昨日あたり1分足で学びました。

 

また、昨日は何度も$37,500付近をトライして、結局推し戻されている状況を鑑みても、まだ上値が重いな、という印象です。

 

《4時間足》

 

4時間足を見るとバンドの縮小を始めていて、ボリバンの2αに接地→少し推し戻されている状況。

下方向に大きく動いた直後のバンドの縮小時に、いきなり逆方向に大きく動くことはないでしょ・・・?という感覚問題もあります。

 

よって、最後の下げを期待して、本日はショート!

2月からのトレンド転換頼みます。

-仮想通貨
-

© 2023 ゆるふわFire! Powered by AFFINGER5